教育方針

個別学習支援スクール
- 学人 -

基礎・基本を大事にしながら発展的な問題まで、分かりやすく指導します。その場しのぎの解き方に終わることなく、「あとあと伸びていく学力」が身に付くよう心がけています。
ねばり強く取り組む姿勢づくりと同時に、「解く楽しさ」・「考える楽しさ」を感じてもらい、「他人に勉めることを強いられる」勉強から「自ら勉めることを強いる」勉強になるようなお手伝いができたらいいなと思っています。

基本理念

学校生活の中で、「勉強が得意な子」「友達作りが得意な子」「運動が得意な子」様々な能力をもったお子様がいる反面、「勉強が苦手な子」「友達とうまく馴染めない子」もいます。
本来持って生まれた能力を発揮することができるのにも関わらず、「ふさぎ込んで何もしない」「めんどくさいからやらない」「いじめられていて気持ちが沈んでいる」などのメンタルで諦めてしまっている子たちに光を射すような環境を与えてあげたいと考えております。

小学生

「今日も一つできるようになった」という心地よさや小さな「やれてる感」の積み重ねが、いずれはきちんと取り組める姿勢づくりになっていきます。勉強するより遊びたい子供にとって、長い時間拘束されることはつらいことです。いきなり長い時間の学習はきついとお考えの方、まずは短い時間から試されてはいかがでしょうか。

私立中学受験生

受験がせまると時間のかかる算数に焦りが出るものです。早い時期に力を安定させ、取り組みを楽にしてはいかがでしょうか。受験算数は学校の問題よりも難しいので、「聞けば分かるけども、解こうとするとできない」ことが起こってきます。そこで、解く過程を重視し、「なるほど、そういう仕組みだったのか」と納得してもらえるよう、また、独力で再現できるよう指導していきます。(これまでに淑徳中・椙山中・金城中・聖霊中受験の方を指導してきております。)

中学生

柱となる「英・数」+(理科)(国語)を中心に、丁寧で分かりやすく説明し、効率的に学習を進めていきます。勉強の仕方が分からない人には、家での学習の仕方・問題集の使い方も指導します。通常1時間半×週2回となっていますが、生徒さんによっては、より充実した学習状況にするために、時間を短くし回数を増やしての指導もあります。

高校生

数学、英語を週1回から受け付けております。定期テストでいい成績を取って推薦につなげたい、いろんな部分を少しずつ解説してほしい、う~んと前から、または、教科書から分かりやすく説明してほしいなど、いろいろな利用の仕方ができます。